結膜炎

顔射を経験したことがある人、
あるいは顔射が好きな男性は是非知っておいて頂きたい。

なんと、顔射すると結膜炎になるというのです。
結膜炎とは、まぶたの裏と眼球の表面を覆っている粘膜の炎症です。

その結膜炎の病原体はクラミジアなんだそうです。

通常であれば、 精液が目に入らないようにするのが普通だと思いますが、
特殊なプレイになると目(眼球)を狙って射精するプレイも存在するようです。
それを眼射と呼ぶようです。

両目を大量の精液で塞がれ、
精液が流れ落ちた後にAV女優の目が充血したことを楽しむという変わったプレイ。

また、複数の男性がオナニーをし、
一人の女性の顔に次々と射精して行くアダルトビデオも存在します。

好きずきなので否定はしませんが、
精液は粘膜を冒す性質があるために目に入ると非常に染みるといわれています。

もしかすると性病に感染する恐れもありますので
相手に顔射をする際は目に入らないようにしましょう。

顔射した後は
愛情を持ってティッシュできれいに拭き取ってあげましょう。